2014年5月-京都のマジックショップ ロイヤルマジック

2014年 5月

野沢温泉・住吉屋さん

長野レクチュアーの後は野沢温泉まで足を延ばしました。今回選んだのは野沢温泉、麻釜(おがま)の真ん前にある住吉屋さん。何気ない宿なのにメディアで人気の旅館です。その秘密を探ろうといざ、参戦!

まず、びっくりなのはチェックインの時間が12時なこと。実際には11時半頃到着したのですが、快く部屋へ案内していただけました。このお宿はチェックアウトが11時。ほぼ24時間滞在できることになります。これは知る限り他の旅館ではありえないことです。


でもそんなに早くチェックインしてどうするの?と思われる方もいることと思います。実は野沢温泉界隈は13もの無料入浴施設があるのです。つまり村中、湯めぐりできるのです。

旅館に早くチェックインして荷物を置いて旅装を解いて浴衣で湯めぐり・・・。しかも無料。


湯めぐりと言えば関西では城崎が有名ですが、野沢温泉は無料なのです。運営は村の方々が篤志で行っています。(旅館の経営者などの協力があるので宿泊者は無料、日帰りなどの方は多少の喜捨を)


まずは湯めぐり処でもっとも人気の“大湯”へ・・・。寺社建築のような木造の建物の中へ入ると2つの浴槽が。ぬる湯とあつ湯という温度差のある浴槽ですがぬる湯でも普通の方は入れないくらい熱いのでご注意。一般的には水で埋めて入浴するようです。熱いお湯が好きな方は是非チャレンジを。

最もぬるい“熊の手洗い湯”へも行ってみましたが、それでもHOT,HOT!

住吉屋さんよりさらに坂の上にある滝の湯へ行くと何と桜が満開。京都より1か月も遅い桜に感激しました。




と、ここまで書きましたが住吉屋が人気なのはチェックインが早くて湯めぐりに便利だから・・・というのは1つの理由に過ぎません。宿の中に入るとまず目に付くのは著名な漫画家のイラスト。そう、ここは文人墨客の好んだ宿でもあるのです。そして、何気に置いてある花々や小物は本当に気が利いています。宿自体や部屋は古さを感じますし、室外の音もやや気になります。

大浴場には露天風呂もありますが、ほとんどお金持ちの家の池くらいの大きさ。(笑)


でも清潔で静謐な空間は玄人好み。1泊4~5万円、あるいはそれ以上のお宿も珍しくない昨今、そしてそういう宿がお好きだった社長がお気に入りの様子。何より空間に負けないくらい接客が気が利いています。至れり尽くせりというのではなく、丁寧で、こちらが伝えたいことをあらかじめ押さえておいてくれる・・・感じ。端々にそんな気持ちを感じましたが、1つ紹介しておくと、到着後すぐに湯めぐりについてお聞きしたところ、係の方自ら明日もチェックアウト後も車を置いたまま気軽に湯めぐりしてくださいとお申し出いただいたこと。痒いところに手が届くというか、こちらが何か言う前に気を遣っていただけること。


お料理は専用の蔵スペースでいただきました。有名な取り回し皿は2品になっていましたが、個別に食事するスタイルでは仕方ないかと。社長は岩魚の骨酒をオーダーしましたが、これも絶品だったよう。舟徳利で供されるのも一興。あとはにごり生ワインというのもオーダーしておりましたが、チェックアウトの際これも宿の心意気を示す出来事が。





翌日のチェックアウトの際、前日の生にごりワインが気に入った社長はお土産用に注文しようとすると宿のご主人はそのワインを扱っている村内の酒屋を教えてくれたのです。これはお酒の原価をお客に知られてしまうことです。当然ですが宿で出す場合、酒屋さんで売っている価格にいくらか上乗せされています。それを知られるのは(しかも翌日に)宿にとっては利益率を知られること。あまり明かしたくないのが本音でしょう。でもご主人は厭いもなく酒屋をおしえてくれるのです。

結果的にはワインに対する宿でのチャージもいたって良心的。

そのうえ、帰り際には割引券までいただきました。もともと1泊2万円以下から泊まれる宿なのです。もし割引券を利用したら安すぎます。

この内容でこの価格を維持しているのは奇跡的です。唯一、私たちにとって残念なのは遠いところ。でも遠くても行く価値はあると思います。


自遊人(雑誌)なんかでもアッパークラスのお客が好む宿と紹介されていましたが、むべなるかな。おそらく部屋付き露天風呂なんかの宿に飽きた方々は住吉屋さんのような宿に回帰しているのではないでしょうか。



野沢温泉 住吉屋さん


お奨め度 ☆☆☆☆


旅館 すぎもと

長野2泊目は松本に移動して“すぎもと”さんへ伺いました。ご主人の趣味の蕎麦打ちやオーディオ、民芸などのキーワードで人気の宿です。

夕食前にご主人の蕎麦打ちが見学できます。1日10食限定だそうで、勿論私たちもオーダーしました。

料理は山菜が中心で一般には珍しいかもしれません。私たちは普段、なかひがしさんでいただく名前が多く馴染みのものでした。サーブも男性ばかりで細やかな心配りに欠けるきらいが・・・。

小体な宿なので仕方ないかもしれませんが大浴場と部屋が近く、その音や声が気になるところ。部屋にお風呂とトイレがありますがユニットなので民芸風の設えとアンバランスな感じ。

記念日などではなく普段使いにどうぞ。









THE FUJIYA GOHONJIN

長野のイベントが終わって北見マキ先生とご夕食をご一緒しました。社長がチョイスしたのは善光寺の前のあるFUJIYA GOHONJINというお店。300年の歴史を持つご本陣(大名の宿泊施設)の建物をレストランとして営業しているお店。国の文化財指定を受けている建物は和洋の様式美を備えた独特のもの。

お料理はオープンキッチンからサーブされ、接客もばっちり!しかも美男美女を揃えていて驚きます。観光地なのに居心地の良いお店は貴重だと思います。お奨めのお店!





銀座うかい亭

明日からの東京、長野のイベントのため東京へ前日入り。夜は銀座のうかい亭さんへ参戦。

うかい亭さんへは何回か伺いましたが銀座のお店は初めて。土地柄、若干緊張していきましたが、ハイクラスで人気のお店はやはりフレンドリーでした。場所は地下鉄をあがってすぐの好立地。

今日は特別にウニが入荷ということで社長は迷わずオーダー。勿論、ほかにも筍やアスパラガスなど季節のお野菜も焼いていただきました。お肉の後は決まってガーリックライス。漬物とお味噌汁で〆るとカウンター席からソファー席へ場所を移してデザートです。










2人で行くとワンルームアパート1か月分くらいの出費にはなりますが、銀座の雰囲気を味わうという意味で1度は訪れるのをお奨めします。

社長はお土産にオレンジケーキとクッキーの大缶を買っていましたが、こちらも1つでランチができるお値段。 ちなみにこちらでドンペリはグラスで約5,000円。(ボトルではありません。グラス1杯のお値段)

貯金していかないと行けませーん。



お知らせ
マキロンブログ

カテゴリー

アーカイブ

FAXでのご注文

商品カテゴリ

ショー&レクチュアーのご案内
ロイヤルマジック特典
お知らせ

Shop info

ショップ営業時間
ご注文受付:24時間受付中
お問い合わせ:平日12時~18時
水曜定休

ご注意
出張等によりお問い合わせやご注文を頂きましてもすぐにお返事ができない場合がございます。あらかじめご了承下さい。


ページトップへ戻る


pagetop

ご利用ガイド

お支払い方法

◆代金引換 ◆銀行振り込み ◆郵便 ◆店頭払い

詳細はこちら

配送について

【業者】佐川急便
午前中 / 12時~14時 / 14時~16時 / 16時~18時 / 18時~21時

時間帯

ただし時間を指定頂いた場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。

詳細はこちら

送料について

お届け地域により異なりますので、下記をご参照下さい。

【関西・中部・北陸・中国地方】800円
【四国・九州・信越・関東地方】900円
【南東北地方】1,000円
【北東北地方】1,100円
【北海道地方】1,600円
【沖縄地方及び一部の離島】地域により実費送料

詳細はこちら

ご注文後のキャンセル・返品交換について

マジック用品は秘密のアイデア部分が大きな価値を持つ特殊なものです。秘密を知ってからの返品、交換は一切受け付けておりません。

イメージ違い、ご注文時のお客様による品名間違いなど当社に落ち度の無いご注文の内容に関しても責任を負いかねます。また"取り出し用品"など直接秘密と関係の薄い商品に関しましても同列の扱いとさせていただいております。

但し不良品の交換については弊社の規約に基づいて行っております。

詳細はこちら

欠品・お取り置きについて

◆欠品について
ご注文いただいた商品が万一欠品の場合は別途メールにてご連絡させていただきます。

◆お取り置きについて
お取り置きは1週間となります。期限内にご入金のない場合はキャンセル扱いとさせて頂きます。

但し不良品の交換については弊社の規約に基づいて行っております。

詳細はこちら

お問合せ先

tel 075-365-6661

営業時間 12:00~18:00(出張時を除く / 水曜定休)

※出張日/お休みの日にお問い合わせいただいたメールご返信は、後日になることもございます。ご了承くださいませ。
※お電話でのお問い合わせは上記時間内にお願い致します。


pagetop