2013年4月-京都のマジックショップ ロイヤルマジック

2013年 4月

IMURIとルイガンズ・ホテル


福岡3日目は博多に戻り、再度桜坂へ。観山荘さんが営む洋食のお店、IMURIへ行くためです。平日なのに満席の大人気。お客は年代は様々ですがほぼ女性。

マキロン日記-ipodfile.jpgマキロン日記-ipodfile.jpg

マキロン日記-ipodfile.jpgマキロン日記-ipodfile.jpgマキロン日記-ipodfile.jpgマキロン日記-ipodfile.jpg
観山荘さんの系列なのに比較的、お値打ちな価格設定でランチがいただけます。そしておそらく人気の最大の秘密は選べるデザート。これも系列のパティスリーから用意されたものの中から自由に選べるのです。これだけでもランチの価格の半分くらいの価値があるかも。


ランチを楽しんだ後は一路、今日の宿泊先ルイガンズ・ホテルへ。博多郊外の海浜地区、海のなか道にあるホテルです。

今回はスプリングレクチュアー成功のご褒美にスイートルームに泊まらせていただきました。天蓋付のベッドやゆったりしたソファーなどスイートならではの贅沢と非日常性を楽しみました。



マキロン日記-ipodfile.jpgマキロン日記-ipodfile.jpg

photo:01photo:03


ホテルの向かいにはマリンワールドという水族館があり、珍しい深海魚や触れる海の生物のコーナーなどがありました。もっとも面白かったのはイルカのショーです。20年も芸を披露しているベテランイルカもいて、スゴ技を見せてくれます。またイルカと一緒にゴンドウクジラも同じようにジャンプしたり、泳ぎ回ったり芸をするのですが、クジラはやはり大きいので圧巻です。

マキロン日記-ipodfile.jpgマキロン日記-ipodfile.jpg


下関、博多とレクチュアーをさせていただいて、美味しいお料理、温泉、スイートルーム、水族館、そして鳥栖アウトレットでのお買い物など盛りだくさんのツアーでした。

また全国各地で皆様にお会いできるのを楽しみにしております。


秋月 清流庵さん

レクチュアー後のお楽しみは温泉。今回は博多から車で1時間半ほど大分方面に移動して秋月というところへ行ってきました。秋月は小さな町ですが綺麗な川の流れる素朴な土地です。


宿泊は清流庵さん。2600坪もの広大な敷地に僅か6部屋の旅館です。そして敷地内に川や滝、池を配したお庭があります。敷地内が遊歩道になっていて、夏なら川で涼めるでしょう。


マキロン日記-ipodfile.jpg
マキロン日記-ipodfile.jpgマキロン日記-ipodfile.jpg
マキロン日記-ipodfile.jpgマキロン日記-ipodfile.jpg

お部屋はとても広く、ゆっくりできます。部屋の名前にちなんだモチーフの絵をあしらった陶器がそこかしこにあって洒落ています。それぞれに趣向を凝らしたお風呂が付いています。私が宿泊したお部屋は露天風呂と寝風呂(寝た姿勢で入れるお風呂)、それに岩盤浴ができるようになっています。


マキロン日記-ipodfile.jpgマキロン日記-ipodfile.jpg

お料理は別のお部屋でいただくのですが、この部屋が驚き!とても広い部屋で天井も高く、非常にきれいです。しかし何と言っても素晴らしいのは正面に池を配した庭が大きく広がっているのです。

この空間は他に類を見ない、とても価値あるものだと思います。


マキロン日記-ipodfile.jpg

お料理もありきたりではなく、とても美味しいしオリジナリティも高い内容です。山の中なのでお刺身などはどうかなと思っていたのですが、良いものをお出しいただきました。

マキロン日記-ipodfile.jpgマキロン日記-ipodfile.jpg


マキロン日記-ipodfile.jpg

マキロン日記-ipodfile.jpgマキロン日記-ipodfile.jpg

正直言うと、この辺りは大きな温泉地ではありませんし、清流庵さんも今回初めて知った旅館でしたので、あまり期待値は高くなかったのです。確かにすべてが洗練されている・・・ということはありませんが、お料理は十分満足できる内容でしたし、食事処の空間は特筆すべき素晴らしさでした。

そして価格が非常にお値打ちなのです。この内容であれば再訪する価値有りだと思います。



福岡・秋月 清流庵さん

お奨め度 ☆☆☆☆


博多 観山荘さん

本日は博多にて北見マキ先生に“ダンシングハンカチ”レクチュアーを開催しました。ご来場の皆様、誠に有難うございました。

一連の北見マキ先生のスプリングレクチュアーも博多が最終地です。千秋楽を記念して今宵は北見先生を博多の桜坂観山荘さんへご招待させていただきました。中心部の喧騒を離れ、桜坂という小高い丘に場所にあるお店です。

壮麗な門構えからもお店の格が伺えます。店内はまるで旅館のようで広々としています。通されたのは2階の個室です。窓からは夜景が美しく見えます。

マキロン日記-ipodfile.jpg

先付はお店オリジナルの笹豆腐。お刺身には鮑も添えられて豪華です。おしのぎに桜餅の鯛のせなど卯月らしいお料理が続きます。

マキロン日記-ipodfile.jpgマキロン日記-ipodfile.jpg
マキロン日記-ipodfile.jpgマキロン日記-ipodfile.jpg

お店の方も親切で予約時から丁寧な対応でした。豪華な設えの中でゆっくりとお料理を堪能できる貴重なお店です。


下関 日和庵さん

本日は北見マキ先生をお招きして下関で“ダンシングハンカチ”レクチュアーを開催しました。お集まりの皆様、誠に有難うございました。

レクチュアー後は北見先生をお連れして下関の円山町にある日和庵さんへ行きました。高台にあると聞いてい


たのですが、急峻な細い坂道を昇ったところに純和風のお店がありました。でも店内はモダンな内装で窓からは下関の夜景を見晴らす良い立地でした。



photo:01





お料理は和風と欧風両方取り入れた創作料理となります。先付では下関らしく、シーズンが終わったにも関わらずフグを使ったお料理から始まりました。

photo:02

器も素晴らしくオーナーのこだわりが伺えます。様々な創作料理が出ましたがメインはお肉を堪能しました。

photo:03

来店されているお客は若い方も多いし、親戚など大人数で来られているご家族連れなど、皆さん品の良さげな方ばかりです。接待や記念日のお食事にぴったりなお店でした。


卯月 なかひがしさん

今月のなかひがしさんは先付にイチゴも使ったかわいい一品から始まりました。そして筍の土瓶蒸し。くちこと一緒にいただきます。そしてメインに隠岐の島の牡蠣と筍の味噌田楽を作っていただきました。田楽の味噌はなんと、山椒と味噌を和えたもの。そして白眉は筍ご飯。カラスミも入っています。少々お高いですが、旬のものをいただける幸せには代えられません。

photo:01 photo:03




photo:04 photo:05



photo:06 photo:07






そしてスペシャルアレンジ、山椒とたまごのご飯。これはたまごの黄身だけを載せていただくのですが、これを出していただくとき、大将は♪君だけにぃ~と仰せられます。(笑) みなさんも一度リクエストしてみてください。

photo:08 photo:09


小豆島 真里さん

さて2日目は高松に戻り、高松港から小豆島へ。今日のお目当ては人気宿、真里さん。こちらはもろみ料理で有名。そう、小豆島は醤油の産地なのです。島のあちらこちらに醸造所があります。

最近は瀬戸内の島々にアートの拠点を作って観光に結び付けているようです。でも島全体はのどかです。そこここにオリーブの農園や販売所があるのが小豆島らしいともいえるのでしょうか。

photo:01 photo:03


真里さんは山の上にあります。元はオーナーのお母さんが民宿をしていたのだとか。昔の母屋と蔵は有形文化財になっています。母屋は食事処と憩いのスペースになっています。憩いのスペースというのは囲炉裏があって自由に過ごせる場所なんですが、とっておきのお楽しみが・・・。それは様々な果実酒が自由にいただけるのです。金柑やミカン、キウイ、いちご、パプリカやウコンなどもあります。

マキロン日記-ipodfile.jpg マキロン日記-ipodfile.jpg

お料理は瀬戸内で獲れる魚介類が豊富。海老は生きたまま出てくるので格闘しながらいただくことになります。お刺身も4種類の醤油で楽しめます。どの醤油も真里さん独自のものですが、特に酵母が発酵中の醤油は全く市場には出回らないもの。

マキロン日記-ipodfile.jpg マキロン日記-ipodfile.jpg
マキロン日記-ipodfile.jpg マキロン日記-ipodfile.jpg

醤油を楽しむ料理というと辛い味だと思われがちですが、私たちが普段食べているものから比べると薄味なくらい。

野菜も庭でできたものなども出していただけます。

部屋は有形文化財になっている蔵に泊まりました。小さいながら気の利いた露天風呂も備えています。古い蔵なのは外観だけで中は至って快適です。この宿のこだわりはすごく、設えはもとより、どのような小物や置物も気を抜いていません。小さな島でそのようなこだわりを維持するのは大変だろうなと思いました。


マキロン日記-ipodfile.jpg マキロン日記-ipodfile.jpg
でもだからこそ独特の空間が生まれるのでしょうね。


大歩危小歩危

大阪、高松のレクチュアーを終えて定番のお楽しみは温泉♪今回は徳島県の祖谷温泉と小豆島をめぐります。まず腹ごしらえに屋島の山田屋さんでぶっかけうどんを食しました。うどん屋さんといっても山田屋さんは山の上にあって元本陣なので格式高い建物です。お庭も楽しめる広いお店ですがいつもお客さんでいっぱいです。お店の前の桜が満開でとってもきれいでした。

マキロン日記-ipodfile.jpg

さぁ、一路徳島へ。まず目指すのは大歩危です。四国三郎の異名を持つ吉野川を望む断崖の奇景を楽しもうというのです。着いて乗ったのが吉野川下りの観光船。谷風になびく鯉のぼりの下から乗船しました。

今は静かな流れのこの川もひとたび増水すれば凶暴な牙をむきます。乗船場には過去の災害時の写真やここまで水が来ましたと表記がありました。

photo:01 photo:04




そそり立つ岩が独特の景色です。中にはライオンに見える岩もありますので行かれる際は探してみてください。

遊覧を楽しんだ後は更に山奥の祖谷渓へ向かいます。秘湯の名にふさわしい山奥まで来ました。今日の宿はホテル祖谷温泉さん。断崖に張り付くように建っている建物は壮観です。ここのお風呂は谷底にあって、急角度のトロッコに乗って行くのです。それが面白くてこのホテルにしました。

温泉は30数度しかないのでじっくり入らないと温まりません。でもここは源泉かけ流しなのです。今の世の中、最新設備で源泉かけ流しの宿は貴重かも。

photo:06 photo:07

山々の景色と谷底を流れる吉野川。でもこんな山の中まで最近は黄砂の影響があるとか。なんだかなー。


北見マキ師とつちやさん

本日は大阪にて北見マキ師にレクチュアーをしていただきました。1部はダンシングハンカチ、2部はプロの理論ともりだくさん。ご参加のお客様も大満足の1日でした。


長時間のレクチュアーでお疲れの北見先生を少しでも癒させていただこうと江坂のつちやさんへ行きました。ミシュランで☆2つ獲得のてんぷら屋さんです。

てんぷらが美味しいのは勿論ですが、京懐石の仕様になっていて、先付などもとっても美味しいのです。

さらにご主人は器にも凝っていて、いつも楽しませてもらっています。今宵は弥生3月でお雛様の器でお料理が供されました。男雛も上半分がふたで下が器になっていてお料理が入っています。

魚沼のタラの芽やのれそれなど珍しいお料理がいっぱい。てんぷらだけでなく様々なお料理を楽しめます。ついついお酒がすすんで先生も少し酔いがまわられたようです。(笑)

お料理も美味しく、器もきれい、それに大将のお人柄も良くてお話が楽しめます。

江坂 つちやさん お奨め度

☆☆☆☆


北見マキ師と高松レクチュアー

大阪に続いて本日は高松へ移動してのレクチュアーです。おかげさまで高松でも北見先生のレクチュアーは大好評。岡山から参加していただいたグループからは岡山開催をオファーしていただきました。

さて、夜は高松港にあるサンポートという30階まであるタワービルへお食事に。今夜の選択は陳健一さんのお店です。高層階とあって夜景がきれいな窓側席をリクエストしておきました。

photo:01


photo:02


お料理は勿論、中華ですが四川風とあってちょっと辛め。でもお料理の種類も多く、どなたでも楽しめるお店だと思います。つばめの巣のスープや北京ダックもあって、接待などにもぴったり。はい、どちらもオーダーしました。(笑)

北見先生、2日間本当にお疲れ様でした。


お知らせ
マキロンブログ

カテゴリー

アーカイブ

FAXでのご注文

商品カテゴリ

ショー&レクチュアーのご案内
ロイヤルマジック特典
お知らせ

Shop info

ショップ営業時間
ご注文受付:24時間受付中
お問い合わせ:平日12時~18時
水曜定休

ご注意
出張等によりお問い合わせやご注文を頂きましてもすぐにお返事ができない場合がございます。あらかじめご了承下さい。


ページトップへ戻る


pagetop

ご利用ガイド

お支払い方法

◆代金引換 ◆銀行振り込み ◆郵便 ◆店頭払い

詳細はこちら

配送について

【業者】佐川急便
午前中 / 12時~14時 / 14時~16時 / 16時~18時 / 18時~21時

時間帯

ただし時間を指定頂いた場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。

詳細はこちら

送料について

お届け地域により異なりますので、下記をご参照下さい。

【関西・中部・北陸・中国地方】800円
【四国・九州・信越・関東地方】900円
【南東北地方】1,000円
【北東北地方】1,100円
【北海道地方】1,600円
【沖縄地方及び一部の離島】地域により実費送料

詳細はこちら

ご注文後のキャンセル・返品交換について

マジック用品は秘密のアイデア部分が大きな価値を持つ特殊なものです。秘密を知ってからの返品、交換は一切受け付けておりません。

イメージ違い、ご注文時のお客様による品名間違いなど当社に落ち度の無いご注文の内容に関しても責任を負いかねます。また"取り出し用品"など直接秘密と関係の薄い商品に関しましても同列の扱いとさせていただいております。

但し不良品の交換については弊社の規約に基づいて行っております。

詳細はこちら

欠品・お取り置きについて

◆欠品について
ご注文いただいた商品が万一欠品の場合は別途メールにてご連絡させていただきます。

◆お取り置きについて
お取り置きは1週間となります。期限内にご入金のない場合はキャンセル扱いとさせて頂きます。

但し不良品の交換については弊社の規約に基づいて行っております。

詳細はこちら

お問合せ先

tel 075-365-6661

営業時間 12:00~18:00(出張時を除く / 水曜定休)

※出張日/お休みの日にお問い合わせいただいたメールご返信は、後日になることもございます。ご了承くださいませ。
※お電話でのお問い合わせは上記時間内にお願い致します。


pagetop